中折れ 改善方法

中折れしたら試してみる5つの改善方法

中折れ

 

中折れを引き起こす原因は3つあります。
・心理的要因
・刺激の強いオナニー
・身体の病気
この3つが中折れを起こす、主な原因TOP3です。
中折れ自体、男性なら半分以上が経験したことがある、メジャーな症状であり、何も恥ずかしいことなんてありません。
って、女性の前で中折れを起こしたら恥ずかしいなんてもんじゃないですけどね。
それこそ、穴があったら入りたい!・・・ってつまんない下ネタでごめんなさい。

 

何事も原因があれば対策が立てられます。
そこで、中折れの対策を5つ紹介していきたいと思います。

 

 

・オナ禁する
オナニーは毎日した方が良いです。
これはAV男優も言っていることであり、性欲の強い中年男性はみんな一様に毎日オナニーしていると言われています。

 

しかしこれらはある意味、性に貪欲な方々の話。
一般的な性欲の我々は、オナニーをすると性欲が収まってしまいます。
今までムラムラしてたのに、オナニーで一発抜けば急に性欲が収まる、あるあるですよね。

 

オナニーをすると性欲が収まるのであれば、オナニーを禁止すれば性欲が高まるのか?
一般男性ではその通りです。
そこで、SEXの2〜3日前からオナ禁してみましょう。
それでも中折れする時は思い切って1週間くらいオナ禁してみましょう。
我慢した分、性欲全開でSEXに挑めるはずです。

 

 

・相手次第で生セックスを試みる
コンドームを付けると感度が悪くなるため、イケなくなるということがあります。
これは相手次第でもあるのですが、生でOKの相手であれば、生挿入してみましょう。
ゴムを付けていた時の12.7倍は気持ちよくなります。(私個人的感想です。)
当然、気持ちよくなるので、中での射精がNGであれば気をつけましょう。
また、コンドームを付けるより当然避妊の確率が減るので注意しましょう。

 

 

・食生活を見直す
10代、20代の時と食生活が変わっていない、30代、40代のアナタ。
それはまずいです。
10代、20代なんて猿だった頃は、新陳代謝がよく、何を食べても消化吸収してくれました。
しかし、30代、40代となった今、脂っこい食事や、糖質が多い食事ばかりだと、脂肪が蓄積され、血中コレステロールが上がり、血管を詰まらせることになります。
血流が悪くなると、勃起の勃ちも悪くなり、勃起の持続力も落ちます。

 

そのためには、食生活の見直しが急務です。
具体的には魚や野菜中心の食生活に変えること。
また、精力回復に効果的なアボカド、牡蠣、ショウガ、ゴマなどを毎日の食事に取り入れるのもありです。

 

 

・禁煙する
タバコを吸うと血管を収縮してしまい、血流が悪くなります。
結果、勃起力が落ち、中折れも多くなります。
タバコは百害あって一利なしです。
最近は値段も高いですしね。
この機会に禁煙することをオススメします。

 

 

・睡眠をとる
睡眠不足は体力も精力も失います。
精子というのは、睡眠中、成長ホルモン・男性ホルモンの分泌によって生成されるのですが、睡眠不足になると精子の生成にも悪影響を及ぼします。
そのため、睡眠不足はEDの要因となりやすいのです。
可能であれば夜10時には寝ましょう。
夜10時は無理!であれば、12時までには寝るようにしましょう。

 

 

◆中折れの対策まとめ
以上、5つの対策を紹介しました。
まとめると以下の通りです。

 

・オナ禁する
・相手次第で生セックスを試みる
・食生活を見直す
・禁煙する
・睡眠をとる

 

5つの対策を紹介してきましたが、すべてを実行するのはちょっと無理な話です。
そこで私は中折れ防止のサプリメントを飲むことをオススメします。
私自身、中折れを克服できたのはサプリメントのお陰だと思っています。
その証拠に、私が中折れを克服できた体験談をご紹介したいと思います。